女性版のEDとは?

女性にもEDがあることをご存じでしょうか。基本的にEDと言えば男性の勃起不全の症状のことを指します。
女性の場合はそもそも勃起しませんが広く言えば女性機能障害のこと言うのです。
女性機能障害はいくつかのパターンがありますが、まず一つ目は性欲が湧かない、性行為について嫌悪感を持つパターンがあります。
これは過去に性行為についてのトラウマがあるなどが原因で起こることです。単純に性に興味が無いだけの場合もあります。
二つ目は性行為をしようと思っても膣が濡れない状態になるパターンです。男性のEDに非常に近い状態ですが膣が濡れないために円滑に性行為ができなくなります。
三つめはオーガズムが体感できない障害です。この場合性行為はただ苦痛なだけの行為になります、自慰行為では快感が得られても性行為で快感が得られない場合もオーガズム障害となるので治療の必要が出てきます。
そして最後は性交そのものに障害が出るケースです。陰部が閉じてしまうため性行為ができなくなる場合もあります。また性交をすると痛みを感じるためできないケースもあります。
女性の場合はEDと言っても複数のパターンが存在します。
ですので治療方法も1つではありません、性行為についてトラウマがある場合にはまず心理的な治療が必要になります。診療内科などに通い治療するのも方法でしょう。
そして他の症状の場合は女性用のED治療薬によって解決できる場合もあります。勿論人により効き目に違いがあるので一概には言えませんがまず治療したいと思ったら医師に相談するのがいいでしょう。産婦人科などでは女医が担当してくれるため安心して相談できます。男性同様ストレスが原因の場合もあるので適度にリフレッシュすることも大事です。

◆こちらは男性向けのED治療薬として開発されている医薬品です
シアリス

女性版EDの原因は心理的なもの?

EDというと、男性特有のものというイメージを持たれがちですが、実際には女性にも性機能障害に悩んでいる人が数多くいます。
こうした女性版EDをそのままにしていると、夫婦や恋人関係にも悪影響が出てしまう恐れがあるので、諦めずに改善を目指すことが大切です。
女性版EDの原因には様々なものがありますが、中でも多いのが心理的なものです。
過去に嫌な経験をしたことによるトラウマが強く残っていたり、子供の頃の性教育など様々な要因がありますが、こうした心理的なものを自分で判断し、解消するのは難しいという部分があります。
EDはデリケートな悩みであるだけに、人に相談できずに自分だけで抱え込んでしまう人も多いですが、専門医のもとでカウンセリングを受けながら、正しい治療法で解決を目指すのが近道です。
心理的な原因に心当たりがない場合には、身体的な原因を疑う必要がありますが、こちらも自分で原因を特定するのは簡単ではありません。
女性版EDを引き起こす身体的な原因としては、女性ホルモンの低下やピルなどによる副作用の他、糖尿病といった疾病が関係しているケースもあるので、まずは病院で相談することが大切となります。
また、恋人や夫の理解を求めることも、女性版EDの解決の為に重要なポイントです。
女性のEDというものは、男性と比較すると一般的な認知度が低めである為、恋人や夫にしっかりと説明して理解を求めておかなければ、無用なトラブルとなってしまう可能性があります。
特に、心理的なものが原因となっている場合、恋人や夫の協力を得ることで、解決への糸口が見つかることもあります。
ひとりで抱え込んでしまうことなく、正しく女性版EDの悩みを解決しましょう。

女性版のEDはどのように治療するの?

女性のEDはどのように治療するものなのでしょうか。
実は男性のEDとは違い女性の場合は色々な症状があります。性欲はあるもの陰部が濡れない、性行為の時に痛みを感じるなど体の問題の場合は女性用のED治療薬によって改善するのがいいでしょう。
女性用のED治療薬の場合も男性用と同じように血流を増やしてくれます、その結果膣が濡れ痛みも感じにくくなりスムーズに性行為できるようになるのです。オーガズムも体感しやすくなります。
性欲が無い、性行為について嫌悪感を抱いている場合にはどうすればいいのでしょうか。
この場合はED治療薬を使ったところで意味がありません。
まず性的なことについての嫌悪感を払しょくするところからはじめましょう。例えばネットなどでアダルト系のサンプル動画を見たり画像を見ることがおすすめです。そして自分にも性欲があることを認識してください。
性欲は女性にもあるもので決して恥ずかしいことではありません。女性用のアダルトサイトや体験談を投稿できるサイトもあるのでそれを見てみれば、女性が性欲を持つことについての罪悪感もなくなります。
また思い切って自慰をしてみるのも方法です、これで性行為に対する恐怖心をぬぐうことができます。パートナーのいる方は協力してもらうのも方法です。
過去に性的な嫌がらせをされたことが原因でEDになってしまった場合はこれらでの方法で解決できませんので心療内科に通う必要があります。
薬による治療とは違い短期間で解決できませんが徐々抵抗を無くしていけます。
パートナーがいない場合はEDでもそれほど問題はありませんがいる場合はEDであることが原因で恋人との関係が悪くなることもあるので治療しましょう。

◆ED治療薬を誰にもばれずに手に入れる方法あるんですよ!
薬 通販
◆精力減退に悩む男性向けのED治療薬です
カマグラの正しい飲み方
◆女性版のED治療薬で改善しましょう
ラブグラで不感症を解決